卒業生

卒業生一覧

平成28年 (2016)

小林 優輔(Kobayashi yusuke) PhD
田上 貴士(TagamiTakashi) PhD
ドイル 恵美 PhD
越知 昌賜 PhD
申 輝秀(Shin Hwisu) PhD
Zhang Runsen PhD
白 承志(Baek Seungji) PhD
Winij Ruampongpattana PhD
周 軼男(Zhou Yinan) MSc
水田 哲夫(Mizuta Tetsuo) MSc
大和 克也(Yamato Katsuya) MSc
尾賀 達哉 BSc
Bian Yuan BSc
Joo Byung Park BSc
山下 翔平 BSc

 

平成27年 (2015)

萬谷和歌子 PhD
Gunawan Prayitno PhD
Parisa Aghamohammadi PhD
宇波 謙介 MSc
宇野 哲生 MSc
西本 恒 MSc
本多 翔一 MSc
宮崎 謙 MSc
張 雪 (ChoXue) MBA
大西康仁 MBA
伊藤 優真 BSc
長屋 和暉 BSc
潘 文束 BSc
輪木 佑哉 BSc

 

平成26年 (2014)

阿部真育 PhD
瀬木俊輔 PhD
中野秀俊 PhD
Nguyen Trong Hiep PhD
Li Qian PhD
長森浩平 MSc
藤本佑哉 MSc
Fernando Corrales Barboza MSc
唐雅静 MSc
Winn Koontanakulvong MBA
Grecia Muskus MBA
藤井隆行 MBA
柿原美夏 BSc
周軼男 BSc
韓松煥 BSc
水田哲夫 BSc
大和克也 BSc

平成25年 (2013)

Alena vasilyeva-Lyulina PhD
榊原 稔基 MSc
佐倉 影昭 MSc
白 承志 MSc
松村 泰典
MSc
籾山 嵩 MSc
王 充 MSc
張 晏嘉 MBA
張 雪連 MBA
宇波 謙介 BSc
宇野 哲生 BSc
西本 恒 BSc
松井佑介 BSc
宮崎 謙 BSc

平成24年 (2012)

小濱 健吾 PhD
藤原 栄吾
PhD
Nababan Mangapul Lammiahan
PhD
Majid.Rahmanian.K PhD
尾木 健士郎 MSc
塩谷 賢平 MSc
福井 浩 MSc
謝 景韻 MSc
堀 泰治 MSc
阿部 真育 MBA
千田 祐一郎 MBA
長森 浩平 BSc
藤井 隆行 BSc
藤本 佑哉 BSc
松原 朋弘 BSc

最終更新日 2016年4月08日(金曜)14:46

続きを読む: 卒業生一覧

鄭 蝦榮 特定助教(GBL, 経営管理大学院)

hayeong.jpg京都大学経営管理大学院「アジアビジネス人材育成講座」におきましては、アジア主要国の大学や研究機関との人的ネットワークに立脚した人材育成 コースの開発等に携わっています。研究では、アジア・メガシティにおける都市ガバナンスのための基礎的なデータを獲得し,都市のコミュニティ形成や都市構造に関する基礎的な知見を得ることを試みています。「市民参加と合意形成」 パブリックインボルブメントによる公共計画における不確実性やリスクを取り扱い、社会厚生を高められる望ましい討議のあり方を考察することを目指し、主に、参加者の認識不一致や意見対立の問題、信頼関係や信頼形成に関わる問題などを明らかにする研究を行っています。研究のベースになる理論やツールとしてはゲーム理論、コーパスに基づく談話分析、自然言語処理手法などを用いています。詳細はこちら

 

最終更新日 2014年7月08日(火曜)15:20

阿部真育

 

航空測量会社からの出向で工学研究科の博士後期課程学生として

小林研究室に所属しております阿部 真育(アベ マイク)です。

経歴は↓以下↓のリンク先に記載しています。

personal page

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:55

小林優輔

genericuser.png 

 

under construction 

  個人ページはこちら

 

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:56

萬谷和歌子

genericuser.png

工学研究科 博士後期課程 高度工学コースの萬谷和歌子と申します。

ミクロ経済理論を用いて「グローバル経済における国際空港間の競争と国際航空網の進化」の研究を行っています。

Wakako Mantani, PhD student from Osaka, Japan.

Course: Advanced Engineering

Topics of Research: “Competition among International Airports and Evolution of Airline Network Structure”

                                                                personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)11:00

瀬木 俊輔(Segi Shunsuke)

segi

瀬木 俊輔(Segi Shunsuke)

個人ページ

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:55

中野 秀俊

genericuser.pngUnder Construction!

personal page

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:55

田上 貴士

genericuser.pngInfo coming soon!!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:59

長屋 和暉

 

image

Under Construction!

personal page

 

最終更新日 2017年4月14日(金曜)13:22

藤本彩 秘書

fujimotoaya.jpg 2014年3月をもって退職しました.これまでありがとうございました.

最終更新日 2014年7月08日(火曜)15:22

Nguyen Trong Hiep

genericuser.pngInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:55

Gunawan Prayitno

gunawan

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:43

輪木 佑哉

 

IMG 0921

輪木 佑哉

personal page

 

最終更新日 2017年4月14日(金曜)13:22

吉田護 GCOE特定助教

 revised by hayeong

吉田助教は2013年3月に熊本大学へ転出しました.

安全・安心な都市社会の形成を目指して、住宅市場やまちづくり活動を対象に、多主体間のインセンティブと階層性に着目した上で、そのガバナンス構造を分析すると共に、利害関係者に対して適切な規律と動機を与えるための制度的枠組みについて研究しています.個人の詳細はこちら

 

 
 

 

最終更新日 2014年7月08日(火曜)15:20

続きを読む: 吉田護 GCOE特定助教

李茜

Li.JPGDoctoral student from Inner-mongolia of China since April 2011. Current research topic is Economic Effect Analysis of Parking Guidance Information System——Agent-based modeling simulation.

Keywords: parking guidance information system, queueing theory, discrete choice model, agent-based simulation

personal page

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:55

ドイル恵美

genericuser.pngInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:53

Wu Peiwei

IMG 3633

Under Construction!

最終更新日 2017年4月14日(金曜)13:23

越知昌賜

genericuser.pngInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)11:00

長森 浩平(Nagamori Kouhei)

genericuser.png 

長森 浩平(Nagamori Kouhei)

個人ページはこちら

 

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:58

藤本佑哉(Fujimoto Yuya)

fujimoto

藤本佑哉(Fujimoto Yuya)

個人ページはこちら

 

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:58

Parisa Aghamohammadi

PHOTO-PARISA-2012

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:53

申 輝秀(Shin Hwisu)

 

Shin_photo
 申 輝秀(Shin, Hwisu)
 

 

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:59

Fernando Corrales Barboza

genericuser.png

Fernando Corrales Barboza

personal page

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:58

張 潤森(Zhang Runsen)

zhang.jpgInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:56

唐雅静(Tang Yajing)

 

tang.jpgpersonal page

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:58

Winn Koontanakulvong

genericuser.pngInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:58

白承志(Baek SeungJi)

seungji

白承志(Baek SeungJi)
more info: こちら

最終更新日 2016年4月08日(金曜)11:00

ルアムポンパッタナ ウィニッジ (Winij Ruampongpattana)


photo 13-4-2556 14 55 21

 personal page

 

 

 

 

 

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:54

張 雪

xue.bmpInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:57

藤井隆行(Hujii Takayuki)

DSC_0044-1

藤井隆行(Hujii Takayuki) 

個人ページはこちら

 

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:58

大西康仁

genericuser.pngInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:55

松原朋弘(Matsubara Tomohiro)

matsubara

松原朋弘(Matsubara Tomohiro)

 

B4の松原 朋弘(まつばら ともひろ)です。よろしくお願いいたします。

 

個人ページはこちら

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:58

宇波 謙介

 

unami 

 修士1回生

 宇波 謙介 (Unami Kensuke)

 個人ページはこちら

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:55

Alena Vasilyeva-Lyulina

copy of alena 7350 usvisa

Doctoral Student from Russian Federation

Alena has graduated from Engineering Economics Department of Plekhanov Russian Academy of Economics in Moscow in 2007 and was awarded a degree of Planning Engineer specializing in "Enterprise Economics and Management (Construction)". From 2007 till 2009 she used to work in consulting company as a specialist in project management and planning. She was consulting Russian construction companies on applying of project management methodology and scheduling software.

In 2009 she was awarded the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Government Scholarship for studying and doing research at Kyoto University.From April 2010 She is studying at the Laboratory of Professor Kobayashi as a doctoral student.

Research is devoted to Delay Analysis for construction dispute resolution and prevention"


Personal Page

 

最終更新日 2014年4月14日(月曜)09:52

宇野 哲生

宇野哲生(uno tetsuo)

個人ページはこちら

20130326 140052

 

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:56

榊原 稔基

sakakibara

M1の榊原 稔基です.

卒業研究:中小スパン橋の長期振動モニタリングにおける温度と交通の影響に関する検討

・・・効率的な橋梁健全度評価の方法である長期振動モニタリングの実用化に向けた研究

修士研究:ISO5500Xに関する研究

・・・瑕疵責任について勉強中


個人ページ

最終更新日 2013年4月12日(金曜)19:57

西本 恒

 

Top用 工学研究科M2の 西本 恒(Nishimoto Hisashi) です.

 

 卒業論文のテーマ:噴火前での不確実性下における避難指示に関する合理的意思決定

 

 個人ページはこちら

最終更新日 2016年4月08日(金曜)11:00

佐倉 影昭

 

sakura.jpg

名前 佐倉影昭(Sakura Kageaki)
回生  M2
研究キーワード 時間的不整合性
卒業研究  国土計画の政策調整機能に関する研究
・・・ゲーム理論を用いた,東アジアにおける国際交通インフラの整備の分析.
修士研究 グローバル化時代における国土計画の在り方
・・・国家間のインフラ競争をゲーム理論を用いて数学モデル化し、その上で国土計画の役割や今後どうあるべきかを分析する.

詳細はこちら

最終更新日 2013年4月04日(木曜)21:03

本多 翔一

写真 2 

本多翔一(Honda Shoichi)です。

個人ページは こちらへ

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:57

松村 泰典

matumura.jpgM1 松村泰典です。

研究分野:アセットマネジメント

卒業論文テーマ:舗装構造の最適調査・補修更新政策に関する研究

高速自動車道といった舗装構造物の予防保全的政策をマルコフ課程決定モデルを用いて、

期待ライフサイクル費用の側面から分析しました。

 個人ページはこちら

最終更新日 2013年4月04日(木曜)21:02

宮崎 謙

kenmiyazaki宮崎 謙です.よろしくお願いします!

個人ページはこちら

 

 

My name is Ken Miyazaki.

I'm glad to join laboratory of Kiyoshi Kobayashi.

Personal Page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:56

籾山 嵩

momiyama.bmpM2の籾山 嵩(もみやま たかし)です。よろしくお願いします。

研究テーマ

Ⅰ:複数インフラを対象としたテロリスク軽減情報の開示戦略に関する研究

Ⅱ:分権的管理体制下でのテロリスク軽減情報公開政策の非効率性に関する研究

Ⅲ:不確実性を有する災害リスク情報の開示に伴う不安感の分析 

 個人ページはこちら

 

 

最終更新日 2013年4月04日(木曜)21:02

王 充

ou2.JPG

個人ページはこちら

研究テーマ:都市交通が公共交通機関主導への転換についての研究

最終更新日 2013年4月04日(木曜)21:01

周軼男


genericuser.pnginfo coming soon!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:55

張晏嘉(Chang YenChia)

genericuser.png 張晏嘉(Chang YenChia)
個人ページはこちら

最終更新日 2013年4月04日(木曜)21:00

水田哲夫


DSC 0090

 

水田 哲夫(Mizuta Tetsuo)

個人ページはこちら

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:58

張雪連(Zhang Xuelian)

 

zhang xuelian

Info coming soon!

personal page

最終更新日 2013年4月04日(木曜)21:00

大和克也

genericuser.png

大和 克也 (Yamato Katsuya)

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:55

松井佑介

genericuser.png新四回生

松井佑介(Matsui)

個人ページはこちら

最終更新日 2013年4月03日(水曜)23:10

伊藤 優真

genericuser.png

Under Construction!

personal page

最終更新日 2016年4月08日(金曜)10:54

小濱 健吾

obama.jpgmaster student 2nd grade 

研究テーマ:
・アセットマネジメント
・リスクメトリクス

社会資本の維持管理において,現在までに蓄積されている諸データを元に劣化過程を予測し,点検・維持補修に伴うライフサイクル費用とその不確実性を考慮に入れながら,社会資本の現在価値を最大化するようなアセットマネジメント戦略を立案しています.

詳細はこちら 

e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

最終更新日 2013年2月28日(木曜)10:32

藤原 栄吾

genericuser.pngInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2013年4月12日(金曜)19:59

潘 文束

 

genericuser.png

Under Construction!

personal page

 

最終更新日 2016年4月08日(金曜)11:06

Mangapul L. Nababan

nababan.jpgMangapul L. Nababan is a PhD student at Graduate School of Engineering, Department of Urban Management, Kyoto University. He came from Indonesia and joined the Laboratory of Prof. Kiyoshi Kobayashi since October 2009.

Nababan obtained the Bachelor in Engineering from Department of Urban and Regional Planning, Institute of Technology Bandung Indonesia (ITB) and the Master of Science from Urban Development Studies Program University of Indonesia (UI). Nababan is also registered as a staff of Indonesian Ministry of Public Works  since 2002.His current research is related to urban infrastructure asset management and role of local governments in urban infrastructure provision such as road pavement and water supply system. In March 2010, he was doing internship in Indonesia (see the internship menu for the details).
Click HERE for the personal page.

最終更新日 2013年4月12日(金曜)19:59

Majid.Rahmanian.K

majid.jpg

Then to the rolling Heav'n itself I cried,
Asking, "What Lamp had Destiny to guide
Her little Children stumbling in the Dark?"
And--"A blind understanding!" Heav'n replied.

Khayyam

 

Personal Page.
 

最終更新日 2013年2月22日(金曜)13:51

Suharman Hamzah

suharman.jpg Under Construction!
for detail clichere!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:21

Hoang Thanh Thuy

genericuser.pngHighway infrastructure will be increasingly developed when accompanied with the expansion of cities in Vietnam, typically of Hanoi Capital and Ho Chi Minh City. The new type of highway, such as expressway, has been being constructed to satisfy the greater and greater transportation demands and partly relieve the traffic congestions in the two of so-called megacities in Asian Region, and to make more rapid linkages between the provinces nationwide. Thus, a research to apply an expressway infrastructure asset management system is indispensible for Vietnam’s sustainable development and the citizens’ better life. My doctoral course at Kyoto University under the academic supervision of Prof. Kyoshi Kobayashi and Associate Prof. Kakuya Matsushima and financial support of Japan’s Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology is targeted at dealing with this issue.

 personal page

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:21

尾木 健士郎 (Kenshiro Ogi)

kenshiroM1の尾木ですsmiley-smile    

研究テーマ: コミュニティ参加型水供給システム

研究内容: インドネシア・ジャワ島を対象として、コミュニティ参加型水供 給システムに関する研究をしています


Keywords: Spatial econometrics, Bayesian statistics, Social network analysis
 

Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 More info HERE!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:01

塩谷 賢平(Shiotani Yoshihei)

今年度(2010年度)より、修士1年として小林研究室に加わりました

研究テーマ:CGEモデルを用いた空港整備事業分析 

アドレス:y.shiotani(あっと)at7.ecs.kyoto-u.ac.jp    


                                  詳細は→personal page

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:01

福井 浩 (Hiroshi Fukui)

fukui.jpg修士2回生の福井浩です。

卒業研究キーワード:制度設計、総合評価競争入札、ゲーム理論

修士研究キーワード:交通需要予測、離散選択モデル、内生性

 



詳細はこちら

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:01

謝景韻

hseih.jpg


Personal page is HERE!

Master Student from Taiwan
Hsieh comes from Taiwan and has started her master course from April, 2010.
Before that she has already joined in Kobayashi lab for one year as a research student.

m1の謝です。
宜しくお願いします。

 

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:04

堀 泰治

horiyasu

今年度から配属されました堀泰治(ほりやすはる)です。

研究内容 関西3空港役割分担の最適化

詳細はこちら 

最終更新日 2013年4月16日(火曜)16:38

千田祐一郎

senda.jpg経営管理大学院(MBA課程) プロジェクトオペレーションマネジメントプログラム 

の千田祐一郎です。

 

社会インフラに関するコンサルティングをしている社会人学生です。

personal page

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:06

王 志远

wangzhiyuan.jpgLearning by individuals from the behavior of others and imitation pervade the social life. Issues related to such learning have been debated since the beginning of the social sciences, more than a century ago. However, in the last ten years or so they have stimulated a revival and very active research in economics, with extensions to other human science (sociology, psychology, political science). The learning from others can operate through different channels of information, and in different contexts and may be affected by externalities between the actions. The key random variable of social learning model is the state of nature. The essential tools are the binary model with two states of nature and the Gaussian model with a normal distribution of information. The beliefs of agents are defined as their subjective probabilities about the state of nature. The research concerns the housing site and transportation style selection and endogeneity testing of this model.

 
 personal page here  

Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:09

Han Daeseok

han.jpgDoctoral student from Repulic of Korea (1st year)
My study is focused on developing advanced asset management system which can be applicable to various countries. Road administrators, engineers and researchers often face problem about "What is most effective?" For maintenance activities to meet the economic criteria, they must produce benefits in excess of their costs. A minimum of expense is, of course, highly desirable; but the road which is truly the cheapest is not the one which has cost the least money, but the one which makes the most profitable returns in proportion to the about spent on it.
Research key words: Road pavement, Hybrid Asset Management System, Life cycle cost, Deterioration model ( HDM-4, Hazard model, Markov chain, Baysian, Monte-carlo simulation etc.) E-mail: han.d[at]at8.ecs.kyoto-u.ac.jp
for details click here!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:10

Vu Trung Dien

vu.jpgDoctoral student 3rd year.

My research proposes a Computable General Equilibrium (CGE) model in a city level in order to provide a comprehensive economic framework to evaluate the effects of policies, such as highway expansion projects in land use planning to contribute effective urban development process of Hanoi. A theoretical general equilibrium model is proposed at first to analyze the economic and environmental impacts of policies qualitatively. The model will be expanded for empirical studies for Hanoi city. By applying the model to the case of Hanoi city, I can derive the policies’ impact toward both city’s economies and its environment quantitatively. It may give a prototype framework to proceed in cities of Vietnam.

More info HERE!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:10

Ari Ismu Rini Dwi

ari.jpgDoctoral Student from Indonesia since October 1st, 2008.
Theme of research is Water Supply Management System and Social Capital, case studyIndonesia. Aims of the research are (i) understanding complexity water system problemssuch as scarcity of water resources and its preservation, and water right and allocation; (ii)developing a proper methodology for the measurement social capital; (iii) developing asuitable policy in order to improve urban governance aspect to bring betterment andsecurity access to water for all humankind. Inventions in this research will be a newdimension of comparative institutional analysis approach in water governance.
Keywords: urban governance, social capital, water right and allocation

More info HERE!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:10

原田大輔

harada.jpgM1の原田です。

研究テーマ
: 防災 
                        リスクマネジメント

研究内容
マレーシアを対象とした煙害(ヘイズ)に関する危険予測システムを開発しています。
近年、マレーシアでは焼畑農業から発生する大気汚染物質を含んだヘイズが人々の有害となっています。
本研究では、統計的時空間モデルを用いて、将来時刻における大気汚染物質濃度をシュミレーションし、
                                           人々の防災行動における指標を与えたいと考えています。

                                           詳細はこちら

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:13

金 勇

jin.jpg


for details click here !

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:13

続きを読む: 金 勇

Bui Thu Hang

hang.jpg ベトナムから留学生のBui Thu Hang (ブイ トゥ ハン) です。

私の研究テーマは日本鳥取県にある過疎地域だといった日南町でのおつきあい調査を用いておつきあい状況を分析し、過疎地域のソーシャルキャピタルを形成する。(ここのおつきあいは恋愛のおつきあいではなく、人々のコミュニケーションです。(笑)。隣の研究室の山田先生は恋愛のおつきあいについての研究はあり得なくはないと言いながら笑いました。)

個人ページはこちら

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:14

文 永智

bun.jpgUnder Construction!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:15

内田 水瀬

genericuser.png



今年から小林潔司研究室に配属になりました.
京都大学経営管理大学院1回の内田水瀬です.

よろしくおねがいします.

                                    pesonal page

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:16

吉川 理子

genericuser.pngInfo coming soon!

personal page

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:16

鶴田 拓志

turuta.JPGB4の鶴田拓志です。

研究分野:CGE

卒業論文テーマ:応用一般均衡分析を用いた炭素税導入に伴う社会的厚生変化の計測

Email:  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

個人ページはこちら

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:18

金川昌弘

H24年に博士課程を修了しました、金川昌弘(KANAGAWA, Masahiro)です、よろしくお願いします。

私の個人ページは こちら です。

http://psa2.kuciv.kyoto-u.ac.jp/lab/index.php/members/students/418-kanagawa?lang=ja

2000年@京都大学大学院工学研究科修士課程(土木システム工学専攻)

最終更新日 2013年5月19日(日曜)22:19

Christakis Mina, PhD, ACIArb

Chris TVJV 2 Square sm
Dr. Christakis Mina is an experienced engineer and researcher with more than 20 years of combined experience in the construction industry and academia. He worked at large private and academic organizations in USA, Europe and Asia. His professional expertise includes construction project management, risk analysis and management, project coordination, project control, contract management, claims / disputes avoidance and management, construction site management, structural analysis and design, computer aided design and computer programming.
 
He was involved in various construction projects with total value exceeding 20 billion US dollars, including airports, building development projects, amusement parks, tunnels, bridges, highways, industrial plants, power plants and lifeline systems.
 
 
He is a registered professional civil engineer in Cyprus, associate member of the Chartered Institute of Arbitrators, member of the Cyprus Scientific and Technical Chamber and the Japan Society of Civil Engineers. He is passionate about technology and computers, likes photography, having stimulating discussions while enjoying good wine with friends (the original meaning of “symposium”) and tinkering with computers and electronics.
 
Dr. Mina holds a PhD and a Master of Science in Engineering from the Graduate School of Engineering, Department of Urban Management of Kyoto University, a Bachelor of Science in Civil Engineering from the University of Texas at Austin, USA and a Diploma of Technician Civil Engineer of the Higher Technical Institute of Cyprus (1992).
 

Personal Page @ Lab

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。.
View Christakis Mina's profile on LinkedIn  Christakis Mina  
 

最終更新日 2015年6月18日(木曜)13:51

許 大明

xu.jpgDoctoral student, 1st Year

研究内容
近年、東アジア各国の経済は目覚しい成長を遂げた。また、東アジア地域内に向ける東アジア各国の貿易量も爆発的に増大した。こういった現象について、今ま での国際貿易理論と分析モデルは充分に分析、解明できていない。そこで本研究では、東アジア各国の貿易現象の原因・発生メカニズム・将来の発展方向及びそ れによってもたらされる東アジア各国及び世界経済の影響について、研究したいと考えている。

詳細は個人ホームページ

email:  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:28

堀倫裕

genericuser.pngUnder Construction!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:28

田中 尚

genericuser.png 

 

under construction 

  個人ページはこちら

 

最終更新日 2013年4月16日(火曜)17:02

神永 希

kaminaga.jpg

こんにちは、神永希(かみながのぞみ)です。社会人(コンサルタント)からの学生です。
こころも体も、そして社会も、健康第一!
人口減少・少子高齢化の時代に、だれもがいきいきと楽しく暮らしてゆくために、社会システムはどうあるべきか?この問いに対して、「レジャー」の視点からひとつの答えを見つけようとしています。

博士論文テーマ:
(仮題)中山間地域の社会経済と社会的レジャー形成に関する方法論的研究

Hello, I’m Nozomi Kaminaga, a student working at a consulting company.
Mental and physical health first! And societies’ health as well. Facing the population decreasing and aging with a declining birthrate, how can a society help all people enjoy their lives? I’m trying to find an answer for this question from “leisure” studies. My Ph.D study theme; Methodological study on socio-economy and the promotion of social leisure in mountainous areas.

個人の詳細はこちら  をクリック!

 

 

最終更新日 2013年4月16日(火曜)17:02

寺西 裕之

teranishi.jpg






卒業後の進路

2010年4月 国土交通省 本省 入省

         国土交通省 港湾局 総務課

 連絡先  
メールアドレス teranishi.hiroyuki(at)gmail.com

         (at)を@に変えて送信してください。

研究活動等

2008年6月 土木学会関西支部

「複数リスク下の企業の流動性需要と保険需要」
                    土木学会関西支部年次学術講演会 優秀発表賞受賞


2008年8月 夏期インターンシップ(国土交通省 近畿地方整備局)

近畿地方整備局 「淀川ダム統合管理事務所」に1か月間インターンさせていただきました。


2009年7月 国土交通省 近畿地方整備局 研究発表会 にて発表

「予測情報の不確実性を考慮した、防災担当者の意思決定について」
パワーポイント資料 論文資料PDF


   詳細はこちら をご覧ください。

 

 

最終更新日 2013年4月16日(火曜)17:02

藤森 裕二

fujimori.jpgM2の藤森裕二です。

研究テーマ:アセットマネジメント

論文:空港コンクリート舗装の最適維持補修モデル
    地震リスクを考慮した港湾矢板群の維持補修シミュレーションモデル
加速劣化ハザードモデル:コンクリート中性化予測への適用
詳細はこちら 

最終更新日 2013年4月16日(火曜)17:02

白水 靖郎

 
経営管理大学院(MBA課程) shiromizu.jpgプロジェクトオペレーションマネジメントプログラム M1

社会インフラに関するコンサルティングをしている社会人学生です。 
 

これからの時代の社会インフラには、土木工学だけでなく、経済学、経営学、社会学、心理学、交渉学等、様々な専門知識が求められます。また、具体的なプロジェクトを推進・実践していくためには、これらの専門知識を統合し、トータルマネジメントを行う必要があります。

例えば、様々な関係主体が複雑に関与する都市整備プロジェクト。
 
これら進めていくためには、プロジェクトの時・空間マネジメントといった「都市政策のイノベーション」が必要です。
このため、都市コミュニティ会計、新たな公、ソーシャルキャピタル、地域学習、起業的アプローチなどの観点から研究を進めていきます。
 

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:29

森 悠

mori.JPG氏名:
森 悠(Mori Hisashi) 

現所属:
 株式会社パスコ  
 
 研究開発センター 応用技術開発課
 (兼)インフラマネジメント事業部技術一部道路マネジメント課 

 

連絡先: hiirso9549(a)pasco.co.jp

 
 在学中所属: 
  京都大学経営管理大学院(MBA課程)
  プロジェクトオペレーションマネジメントプログラム 
 
 関連プロジェクト:
  積雪寒冷地における舗装の耐久性向上と補修に関する研究 

 
 森悠の詳細はこちらから→ (page

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:29

Nguyen Quy Hoang

nguyen.jpgA member of Computalble General Equilibrium(CGE) Group. My study focuses on the evaluation of economic effects of transportation infrastructure on the regional development basing on the general equilibrium model. I am also doing my Master degree on Business Management at Graduate School of Management, Kyoto University. Project management and Risk Management are among my interest.

現在(2010年4月~):株式会社トーニチコンサルタント 計画・環境本部 鉄軌道計画部


Personal page HERE!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:30

秋山昇一 (Shouichi Akiyama)

akiyama.jpgUnder Construction!

Personal Page.

新しく配属になりました、4回生の秋山です。
よろしくお願いします。

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:31

森野悠樹 (Yuki Morino)

morino.jpg

2010年3月に卒業しました.

B4ではPIをテーマとし,研究室の先生方にご指導いただきました.

 

【卒業論文】

「隠れマルコフモデルを用いた討議文脈遷移に関する研究」

経歴

国立明石工業高等専門学校 → 京都大学工学部地球工学科→京都大学工学研究科

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:31

Le Thanh NAM

nam.jpgDoctoral student, 3nd Year

My research focuses on the development and improvement of theoretical models, which enable to forecast the deterioration process of the infrastructure facilities, to estimate the expected cumulative life cycle cost over the life span of facilities. Especially, the research emphasizes on problems of infrastructure management system in developing countries, where the behaviors of those system are subjected to be under a wide range of differences due to various local conditions. An example could be a model to search for a most appropriate pavement technology and management policies, which yields the best outcome in term of cost-benefit comparison. The study requires a comprehensive understanding and application of stochastic modeling and optimization approach.

 

Keyword: infrastructure asset management system, life cycle cost, optimization, hazard model


 click here for more information

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:30

Sharina Farihah HASAN

sharina.jpg

Doctoral student, 1st Year

The effect of migrant workers on the host country

The research concerns migrant workers and the economic effect that they bring to the host country. The research aims to investigate the effect of migration on relative price of the wage rate and welfare of the native inhabitants ion the host country, Malaysia as a case study.
The methodology for the research would involve mathematical models, to be developed to measure the effects. It is hoped that the outcome of the research will help to further improve the current systems in Malaysia.
keywords: migrant worker, wage welfare, host country

論文(published paper)

関係のあるプロジェクト(involved projects)
3rd International Conference on Multi-National Joint Venture for Construction works

click here for more information

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:32

坂井 康人

             sakai.jpg                  社会人(阪神高速道路株式会社)からの学生です。                                                        

研究テーマ:ロジックモデルを用いた都市高速道路の維持管理マネジメントに関する研究
                  

概 要;
わが国における都市高速道路は,戦後の国土復興の中で自動車交通の重要性が国民にも
      認識され,1950年代に始まる高度経済成長期を中心にして大量に建設され,わが国の都市
          部における経済成長と国民生活の向上に大きな役割を果たしてきました.
          しかしながら,
今日では供用後30年以上の構造物も40%近く占めており,構造物の高齢化が
          維持管理の上で重要な課題であり,最近になり,鋼橋の鋼床版等の一部に亀裂が発生する
          ような損傷事例が現れるようになるなど劣化損傷が多発する危険性は高まってきています.
          また,償還満了時における2050年には,供用後50年以上の構造物が多くを占めることになり,
          現時点から予防保全を含めた対策が必要であると考えられています.
                                        
このような背景を踏まえ,都市高速道路におけるアセットマネジメントの取組みとして,維持管
                                         理業務の継続的改善に資するために開発した維持管理ロジックモデル並びに中長期的に最
                                         適な維持管理計画の策定を支援するために開発した橋梁マネジメントシステム(BMS)を用い
                                         た政策評価、効率的な維持管理マネジメント施策について研究を行っています.


個人の詳細は
こちら をクリック!

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:33

菱田 憲輔

hishida.jpg 【研究分野】 コーディネーション論

【関連プロジェクト】 交通経営マネジメント研究会


MY_HOME_PAGE: 詳細はこちら 

最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:33

丁子 信

choji.jpg
研究テーマ 地域まちづくり・ガバナンスコーディネーション論

    キーワード コミュニティ・ガバナンスメカニズム・デザイン社会的ジレンマ  

    近年,地方都市において中心市街地が衰退し,郊外型のショッピングセンターに消費者が集中する傾向が続いています. こういった中心市街地の衰退を理論的な立場から明らかにするとともに,商店街でしばしば目にするポイント割引制度やそれに類する制度が,商店街にどういった効果をもたらしているのかを分析しています.個人の詳細についてはこちら

    mailto:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

    最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:33

    堀 慶太

    hori.jpg研究内容
    国際標準化に関する経済的分析.標準化は,de facto standard と de jure standard に分けられる.特に de jure standard の認証機関である国際標準化機構の意義や,複数存在可能性に焦点をあてている.

    論文(published paper)
    国際物流における標準化の経済便益評価(卒業論文)

    関係のあるプロジェクト(involved projects)
    標準化戦略研究会



    詳細はこちら 

    最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:37

    白藤(西池)華子

    nishiike.jpg 経営管理大学院(MBA課程) プロジェクトオペレーションマネジメントプログラム M2

    不動産デベロッパーで木造住宅の商品開発・構法開発を経た後デザイン企画を仕事にしていました。その中で、デザイナ側のマネジメントの重要性を痛感し、特にデザインと経営の「通訳者」としての立場を確立して行きたいと考えています。

    本課程においての具体的な目標としては、マネジメント側に訴求する手法として既存建築物の更新マネジメント・不動産評価の手法開発を研究したいと考えています。




    ワークショップテーマ「中山間地における財政シミュレーション」 (京都大学経営管理大学院 プロジェクトオペレーションマネジメントプログラム 優秀賞受賞)
    レポートはこちら


     詳細はこちら 

    最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:37

    丁 悦

    tei.jpg京都大学大学院工学研究科 D1

    交通コミュニティカードによる交通事業者と商店街事業者のコーディネーション機能に着目した市場均衡モデルを提案し、交通コミュニティカードの経済便益を分析する。さらに、中心市街地の伝統的商店街における私的なボランタリー組織(プライベート・ガバメント)を対象とした資源配分機能について分析を行う。併せて、金融決済技術やIT技術導入が社会経済に及ぼす影響について分析する。

    keyword  Two-sided platform ゲーム理論 経済便益評価

    個人のページはこちら

     

    最終更新日 2013年4月12日(金曜)20:40

    渡邊大真

    卒業研究の要旨
    地域の特徴として空間的外部性に着目します.災害復旧過程において金融機関と借り手の間に情報の非対称性が存在する場合,逆選択のメカニズムが働きます.
    このとき,企業が追加投資を行った方が社会的に望ましいにもかかわらず,金融取引が成立しない可能性が存在することを示します.しかし,地域金融機関の場合は,借り手の質に関する情報を多く保有しており,情報の非対称性が緩和され,情報を保有しない一般金融機関より効率的な融資が行うことが期待されます.本研究では,災害復旧過程において地域金融機関と一般金融機関を比較し,地域金融機関の持つ役割について分析することを目的とします.

    個人ページはこちら

    最終更新日 2013年4月16日(火曜)16:43

    真鍋啓輔

    manabe.jpg 今年度より配属されました、4回生です。

    先生方をはじめ研究室の方々に支えられながら初めての研究に取り組んでいます。


    研究テーマ  移民建設労働者が国民経済に及ぼす影響について

    個{mosimage}人ページはこちら

    最終更新日 2013年4月16日(火曜)16:43

    下村 泰造

    taizo.jpg社会人Doctor student(大成建設株式会社)
     
    空港コンクリート舗装のハイブリッド劣化モデルに関する研究
     
    不同沈下を考慮した空港コンクリート舗装のアセットマネジメントにおいては,コンクリート舗装の劣化モデルの作成およびライフサイクル費用や補修需要を推計 することが求められています.しかしながら,現時点において空港コンクリート舗装の劣化状態に関する蓄積されたデータを利用することは一般的に難しい状況 にあります.本研究においては,空港コンクリート舗装の劣化データ(ひびわれデータ)が存在しない状況の下で,力学的劣化モデルによるコンクリート舗装の 劣化予測を試みます.しかしながら,力学的劣化モデルに内在する地盤条件やコンクリート材料の疲労強度に関する不確実性が介在するため,力学的劣化モデル 結果の統計的規則性に着目し,継続的に劣化現象に関するデータを蓄積しながらベイズ更新する方法論を開発しています.さらには,動学的予算配分計画を実施 し,空港コンクリート舗装に関する上記ハイブリッド維持管理モデルを用いた予算管理手法について研究を進めています
     
    個人ページはこちら
     

     

     

     

    最終更新日 2013年4月16日(火曜)16:44

    山本 浩司

    yamamoto.jpg社会人Doctoral student(中日本高速道路株式会社)

    大規模交通管制システムの最適更新戦略に関する研究

    本研究では,交通管制システムが膨大な数の機器群で形成される大規模システムであること,システムが階層構造を有しており,個々の機器の故障が施設全体の故障に発展する可能性があること,情報システムの物理的劣化だけでなく,陳腐化等に代表されるようにシステムの機能的劣化も重要な管理項目となること等に鑑み,交通管制システムのアセットマネジメントとして,機器レベル,機能レベル,システムレベルという,マネジメントレベルの差異に配慮した手法の開発を行っています.

     個人のページはこちら

     

    最終更新日 2013年4月16日(火曜)16:44

    1 / 2 ページ

    小林研Facebookページ 最新のニュースを発信します

    Search Lab

    Login Form

    トップに戻る