コーディネーション論

金融決済技術を活用した交通管理施策

 近年,高度情報通信技術の革新により,金融決済方法の多様化が急速に進展していますしています。それに伴って交通料金の決済方法の多様化も進展し,例えば,高速道路におけるETCや鉄道料金におけるIC決済サービス等に代表されるように,道路交通の利用料金や,公共交通の運賃体系に多様なバリエーションを設定することが可能になっています.

関連する科学研究費補助金の報告書が発行されました.こちらからどうぞ.

 

 

最終更新日 2013年5月06日(月曜)20:28

続きを読む: 金融決済技術を活用した交通管理施策

戦略的補完性と交通・産業市場構造

新しい交通・通信技術が開発され、それが社会に普及していくことにより人間のコミュニケーション行動の自由度は飛躍的に増大します。コミュニケーション技術の革新は、人間が情報や知識をより早く、より効率的に伝播することを可能にするだけではなく、異なる地域に立地する活動のさまざまな結びつきの可能性を拡げます。拡大されたコミュニケーションの可能性は、人間のコミュニケーション行動に多大な影響を及ぼしながら、社会システム自体の構造変化を引き起こしています。

多くの交通行動において、交通主体は他人の意志と無関係にその行動のすべてを決定できるものではなく、多かれ少なかれ、他人の意志が交通行動の決定に関与しています。特に、フェイス・ツゥ・フェイスのコミュニケーションでは、相手とミーティングに関する合意を形成することが前提となります。

本研究では、知識社会における重要なコミュニケーション行動であるミーティングに着目し、参加主体間の相互作用から生じる戦略的補完性を考慮したモデル化の方法とミーティングを支える交通基盤整備や交通政策に関して検討を行っています。

【この研究にかかわっている人】 菱田憲輔堀慶太

 

関連論文

小林潔司,福山敬,松島格也,1998,フェイス・ツゥ・フェイスのコミュニケーション過程に関する理論的研究,土木学会論文集,No.590/IV-39,pp.11-22. 

松島格也,福山敬,小林潔司,1998,個人の異質性を考慮したコミュニケーション均衡に関する研究,応用地域学研究,Vol. 3,pp.151-164.

奥村誠,永野光三,小林潔司,1998,始業時刻の設定が鉄道通勤交通に及ぼす影響に関する研究,土木計画学研究・論文集,No.15,pp.831-840.

秀島栄三,小林潔司,1998,地方公共財供給における自治体間の自発的協力形成に関するモデル分析,第33回都市計画学会論文集,pp. 19-24.

奥村誠,小林潔司,田中成興,1999,時差出勤の社会的便益と導入インセンティブに関する研究,応用地域学研究,Vol.4,pp.63-75.

松島格也,小林潔司,1999,タクシー・サービスのスポット市場均衡に関する研究,土木計画学研究・論文集,No.16,pp.591-600.

福山敬,小林潔司,2000,複数の地方自治体による地方公共財の分担整備,応用地域学研究,No. 5, pp. 53-64.

松島格也,小林潔司,小路剛志,2000,不確実性下における家計のサービス予約行動,土木計画学研究・論文集,No. 16, pp. 655-666.

松島格也,小林潔司,2000,混雑費用を考慮したタクシースポット市場の内生的形成,第35回都市計画学会論文集,pp. 547-552.

松島格也,小林潔司,坂口潤一,2001,タクシー・スポット市場の空間均衡と社会的便益,土木計画学研究・論文集,No. 18(4),pp. 681-690.

小林潔司,松島格也,2001,限定合理性と交通行動モデリング:研究展望,土木学会論文集,No. 688/IV-53,pp. 5-17. 

松島格也,小林潔司,坂口潤一, 2003, タクシースポット市場の差別化と社会的厚生, 土木学会論文集,No.723/IV-58,pp. 41-53.

松島格也,小林潔司,2004,手段補完性を考慮したバス市場構造の分析,土木学会論文集,No.765/IV-64,pp.115-129. 

羽鳥剛史,安野貴人,小林潔司,2005,通時的金銭外部性と意思決定費用を考慮したETC普及メカニズム,土木計画学研究・論文集,Vol.22, No. 1, pp.77-88.

エミネ・イェティシクル,松島格也,小林潔司,2006,頻度の経済性と航空ネットワーク構造,土木計画学研究・論文集,No.23, pp.617-628.

北野喜正,西田純二,小林潔司,松島格也,2006,事前・事後割引料金システムの経済評価,土木学会論文集D,Vol.62, No.4. pp.638-656.  

小林潔司,松島格也,菱田憲輔,2008,予約システムの経済便益評価,土木学会論文集D, Vol.64, No.2, pp.299-318.

田村亨、小林潔司,五十川泰史、森谷隆一、2008,地域の自立的発展のためのモビリティ確保にむけた施策のあり方に関する事例研究 、土木計画学・講演集

最終更新日 2013年5月06日(月曜)20:32

小林研Facebookページ 最新のニュースを発信します

Search Lab

Login Form

トップに戻る