記事

MARG (Marginal Areas Research Group:過疎地域研究会)

ページ担当者(鄭蝦榮)

What's new!

 

 

 

1.  MARG(Marginal Areas Research Group:過疎地域研究会)の目的

 


1960年代以来今日まで、日本では、人口減少とそれにともなう地域の活力の減退になやむ農山村が各地にあります。また、これらの地域では、日本全体の高齢化の進行を先取りする形で、はやくから高齢化の波が押し寄せており、生活手段の確保や介護の問題さらには地域の維持保存など、地域社会が全体として取り組んでいくべき諸問題も多くみられます。中山間地域の活性化に関しては多くの実践書や経験談をまとめた書籍が出版されているものの、客観的なデータに基づいて活性化方策に科学的なアプローチを試みたものは極めて少ないように思われます。本研究会(過疎地域研究会:Marginal Areas Research Group)では、日南町と何らかの形でご縁を得ているものが多いことから、日南町をモデル地域として選択させて頂き、上記の諸問題の解決と地域の創造的発展にむけて研究を積み重ねていくこととなりました。
 
 

 

 2.Memberの 構成

 


 
No. 所属 氏名
1 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 小林 潔司
Prof. National Institute of Working Life (ALI), Sweden Hans WESTLUND
3
Director, Centre for Regional Science CERUM,  Umeå University, Sweden Lars Westin
4
Prof. & Chairman of CERUM, Umeå University, Sweden
Ulf Wiberg 
5
日南町総合政策課 課長 内田 格
6
専修大学教授
松尾 容孝
7
島根大学生物資源科学部 伊藤 勝久
8
鳥取大学准教授 谷本 圭志
9
大阪大学大学院文学研究科 堤 研二
10
(株)ニュージェック 安野 貴人
11
野村総合研究所 植村 哲士
12
(株)計画情報研究所 北原 良彦
13 八千代エンジニヤリング(株) このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
14 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 松島 格也
15 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 鄭 蝦榮
16 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 西畠 綾
17 京都大学大学院経営管理専門職大学院 北原 彩佳

 

3.活動一覧(H18-H19) / ***2006年度以前の活動一覧は こちらをご覧ください。

 



2006.07.22 第一回  : 話題提供(鄭蝦榮・植村・安野・松尾)
    : MARGの運営について
2006.10.14 第二回 : 中山間地域のEmployabilityについて(安野)
    : 森林施業計画あたりと森林会計上の負債について(植村)
    : 人文地理学における行動研究大阪大学人文地理学教室での研究事例を中心に(堤)
2007.01.08  第三回 : コミュニティカードをカード事業、会員事業を地域活性化につなげる方策(西田純二、社会システム総合研究所)
    ソーシャル・ベンチャー、起業的活動について(安野)
    : 観光地太宰府の形成(堤)
2007.04.16 第四回 : 国産木材流通の変化と森林管理(能口秀一, (有)ウッズ)
   

: 日南町公共交通の社会実験に向けた取り組み(谷本)



: The 4th Workshop on Social Capital and Development Trends in Japan’s and Sweden’s Countryside in conjunct with World Conference of IGU/C 04.27、Kitami (北見ワークショップ)について(松尾)

 

: 起業的移行を促す地方施策とソーシャルリスク分析(安野)
 

 

 

4.研究会との関連サイト

 

 


 

 

 

 


◆ Social Capital and Development Trends in Rural Areas、 Kiyoshi KOBAYASHI, Hans WESTLUND, Kakuya MATUSHIMA(Editors), 2005, ISBN: 4-907830-04-1

vol1.jpg

Contents

 


Chapter1 

Socail  Capital and Rural Developmet

Chapter2

Forest Governance Towards Sustainable Management of Common-Pool Resources: Private Descriptions of the Problem and Consensus Formation

Chapter3

Global Fear Interesting with Local Development-A Case Study of the Glocal Perspective in a Rural Setting-

Chapter4

Learning in Practice-When Social Economy Meets Resional Development

Chapter5

Rural Areas, Demographic Change

Chapter6

Examining Japanese Rural Policies From the Viewpoint of Social Captica:Towards the Integrated Initiatives of Food Production, Land Management and Vibrant Comminities

Chapter7

Local Responses to Structural Changes-Local Development Groups in Rural Communities in Swenden

Chapter8

Fundamental Funtions of Living , Social Capital and Agents in a Small Community - A Case in Depopulated Areas in Japan

Chapter9

Who are the Successors of Rural Communiites in Japan?

Chapter10

Future Perspectives for Sparsely Populated Areas in Sweden

Chapter11

Activity Analysis on Diray Data

Chapter12

Concentration of Transportation Demand in Marginal Area

Chapter13

Challenges to Insular Income Systems in the Nordic Countires

Chapter14

Does Social Capital Contribute to Regional Economic Growth?Swedish Experiences

 

 ◆ Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol2、 Katsuhisa ITO,  Hans WESTLUND, Kiyoshi KOBAYASHI, Tsuyoshi HATORI(Editors), 2006, ISBN: 4-907830-05-X

vol2.jpg

Contents


Chapter1 

Socail  Capital and Rural Developmet

Chapter2

GONGOVA and the Shin-etsu Trail: Fact-reports on Volunteer Activities and Trekking Trails for Revitalizatio of Underprivilieged Regions

Chapter3

Forest Governance: Structure and Function

Chapter4

Trust Formation for Collaborative Forest Management

Chapter5

Toward Developing Forest-Accounting for the Local Government who Supports the Forest Management

Chapter6

Trading Natural Resources for Public Grants. Development Rhetorc, Image, and Social Capital in North Swenden

Chapter7

Restructuring in Sparse Regional Structures-a Swedish Case

Chapter8

Settlement Patterns on the Swedish Countryside in the Emerging Knowledge Society

Chapter9

Social Ties in Communities-Some Rural and Urban Cases in Japan

Chapter10

Swedish Regions Ready for Growth?-Findings From a Pilot Project on Regional Development

Chapter11

Rural Development Through GES Tourism: Are the Networks and Institutions Evolving as the Alternative Social Capital?

Chapter12

The Condition of Community Promotion Through Reforming Old Community in Rural and Mountainous Villages

Chapter13

Quantile Analysis of Joint Activity on Diary Data

Chapter14

Merits and Demerits of Cash Flow Smoothing Asset Management

Chapter15

Quality of Life, Social Capital and Community Asset Management

 

本の購入に関するお問い合わせは、こちらからお願いいたします。

 

最終更新日 2013年2月22日(金曜)13:52

小林研Facebookページ 最新のニュースを発信します

Search Lab

Login Form

Syndicate

トップに戻る