学生

西本 恒

【名前】

西本 恒 (Nishimoto Hisashi)

email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


【経歴】

1989年 7月 京都府長岡京市に生まれる.

2008年 3月 京都成章高校 卒業

2009年 4月 京都大学工学部地球工学科 入学

2012年 4月 小林潔司研究室 配属

2013年 3月 京都大学工学部地球工学科 卒業

2013年 4月 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 入学


【研究内容】

災害発生前の不確実性下における避難指示意思決定の合理性に関する研究


【海外活動】

 ①世界展開力強化事業の一環として,フィールド調査およびワークショップ参加のためタイに行きました.

  活動地:タイ(バンコク,アユタヤ,チャイナート)

  期間:2013年3月9日~3月19日

  目的:2011年タイ洪水被災地の調査およびその後の洪水対策に関する学習

 

 写真

 ・フィールド調査

DSC 0083 640x360 DSC 0084 640x360

DSC 0093 640x360 DSC 0099 640x360

DSC 0106 640x360 DSC 0158 640x360

DSC 0157 640x360 DSC 0164 640x360

DSC 0155 360x640 DSC 0162 360x640

2011年タイ洪水の被災地を訪ね,当時の状況やその後の対策,対応についてお話を聴かせていただきました.

 ・観光

DSC 0203 640x360 DSC 0231 640x360

DSC 0242 640x360 DSC 0268 640x360

DSC 0211 360x640 DSC 0125 360x640 DSC 0140 360x640

バンコクやアユタヤは京都に似て歴史を感じさせる建造物が多く,非常に楽しめました.

また,露店も多く温暖な気候と同様すごく活気のあるまちでした. 

 ・グループ活動

with members of group 7

グループ活動時のメンバーとの写真です.フィールド活動の報告を協力して行いました.

 

今回のタイでのプログラムでは,洪水時の経験を多くの人からお聴きする機会に恵まれました.

一緒に活動をしていた他大学の学生は精力的に議論する人も多く,私にとって非常に刺激的でした.

タイでの活動は,私自身多くのことを考えさせられるいい機会になりました.

訪問地でお世話になった方々,本プログラムの関係者の方々には心より感謝申し上げます.

 

 

②世界展開力強化事業の一環として,短期留学,フィールドワークのためタイに行ってきました.

 活動地:タイ(バンコク,ナコーンシータンマラート

 期間:2013年9月3日~9月28日

 目的:Kasetsart UniversityにてASEANの大学の学生との交流及び講義を受講.

      バンコク,ナコーンシータンマラートでのフィールドワーク通じてタイにおける水害対策について学ぶ.

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
01/20 
start stop bwd fwd
 

 

春に引き続き,プログラムに参加させて頂きました.

今回は約1ヶ月と前回より長く滞在しており,タイでの生活を満喫できました.

また,他国の学生達ともじっくりと議論することができました.

貴重な体験をさせて頂きました.本プログラムに関係する全ての方々に心より感謝申し上げます.

 

 

③インドネシア

 活動地:インドネシア(Malang,Arjowilangun)

 期間:2014年2月10日~2014年2月16日

 目的:University of BrawijayaでのJoint Seminarへの参加及び発表.

     Gunawanさん,柿原さんの研究調査への参加.

 活動記録:コチラ

 

インドネシアの人はみな非常に親切で,この一週間多くの人に活動を支えられながら,貴重な体験をさせて頂きました.

特に小林研の卒業生であるAriさんやインドネシア滞在中にホームステイさせて下さったAriさんのご家族,

研究室の先輩であるGunawanさんには大いに助けて頂きました.

心より感謝申し上げます.

最終更新日 2014年9月08日(月曜)21:40

小林研Facebookページ 最新のニュースを発信します

Search Lab

Login Form

Syndicate

トップに戻る