研究室紹介

式部理事(世界銀行)特別講演

世界銀行日本代表理事の式部氏が総長を訪問されました。

 

世界銀行日本代表理事の式部 透氏が、6月30日(水)、経営管理大学院における国際インターンシップ支援セミナーでの講演のために来学された機会に、総長を訪問されました。
式部氏より、世界銀行における日本人の採用実績や採用条件、国際機関へのキャリアパスの条件についてご説明がありました。総長から、最近の京都大学における日本人学生の海外志向の乏しさについて報告があり、ついで京都大学の国際化戦略の1つとしてリーディング大学構想について説明がありました。
その後、日本人の国際性や国際活動の活性化のための方策について意見交換が行われました。最後に、総長が学生に対してできるだけ早い段階で、国際的活動の魅力について伝えることが重要であることを指摘しました。あわせて、世界銀行による講演に対して感謝の意を表し、できるだけ全学の学生がこのような講義を聴講できるような機会を設けることが必要であると述べ、表敬訪問が終わりました。
その後、経営管理大学院において、国際インターシップ支援セミナーシリーズの一貫として、世界銀行グループの動向と日本の立場についての講演があり、経営管理大学院の多くの学生が参加しました。 式部理事の経歴の簡単なご紹介のあと、世銀のグループの構成、歴史と、世界の経済、開発・復興に対する貢献、その中で日本が果たしてきた役割、さらに世銀の財務状況や資金の流れといった経営上の話題についてのご説明がありました。その後、近年の世界的な金融危機の影響と対応や、現在進行中の制度改革の内容といったホットなトピックについても触れて頂き、最後に、学生に向けたインターンシップ、採用、奨学金の制度などのご説明がありました。
その後の質疑応答の時間には、講演の中で触れられた制度改革によって今後見込まれる変化や、具体的な業務の内容等、様々な質問が寄せられ、活発な議論が行われました。最後に、世界(ワシントンDC)から日本を眺めて、最近の日本は、若者も含め総じて内向きになっているという感想を述べられ、世銀を含めて国際的な場での活躍を目指す若者が増えるよう、学生たちに向けたメッセージが送られました。
(左:京大総長表敬訪問,右:特別講演の様子)。

_fig_1fig_2

最終更新日 2013年2月22日(金曜)13:53

小林研Facebookページ 最新のニュースを発信します

Search Lab

Login Form

Syndicate

トップに戻る