記事

応用地域学会日中共同セミナー

                                               2009 応 用 地 域 学 会 日 中 共 同 セ ミ ナ ー

 


  

第三回応用地域学会日中共同セミナーが2009103日-4日に京都にて行なわれた.本セミナーでは,日中から約60名の応用地域学にかかわる研究者が集まり,日中における地域発展及び空間経済学の研究現状について議論が行われた.開幕式では,日本応用地域学会の会長田渕隆俊教授(東京大学)が日本応用地域学会の運営および研究現状と日中共通研究の連携構想などについて講演し,また中国地域科学協会の会長・杨开忠 教授(北京大学)が中国地域発展の問題および地域研究の現状と新しい研究方向などについてを紹介した.

本セミナーでは、2日間にわたり,日中の大学,民間機構から37人の発表者が研究発表を行った.日中の地域科学研究者たちはセミナーを通じて日中二国の地域研究の現状および研究方法などについて交流が行われた.閉幕式で藤田昌久教授
(甲南大学)が空間経済学の研究発展および研究展望について講演を行った.来年度は中国・上海において
第四回応用地域学会日中共同セミナーの開催を予定している.

 
セミナー当日の写真です.ご楽しみに!

 
ARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSCARSC 

プログラムを掲載しました.こちら(PDFファイル)からどうぞ

応用地域学会では,日本と中国における地域科学の研究交流を促進するために,昨年及び一昨年に引き続き,中国地域学会(RSAC:Regional Science Association of China)と共催で第3回応用地域科学に関する日中共同セミナーを,本年度は日本(京都市)にて開催することになりました.セミナー開催及び論文発表の募集に関する概要は以下の通りです.ふるってご参加くださいますようにお願いいたします.

(1) セミナー概要

(ァ)日程:2009年10月3日(土)~4日(日)
(ィ)場所:キャンパスプラザ京都
http://www.consortium.or.jp/category_list.php?frmCd=14-1-0-0-0
(ゥ)プログラム概要(予定)
√ 基調講演
√ 研究論文の発表・討論・質疑応答(テーマは地域科学に関わるならばすべて可)
√ 公式用語:英語
(ェ)セミナー参加費 会員2,000円,非会員4,000円(昼食代2回分含む,懇親会別)
(ォ)懇親会
√ 10月3日(土) 夕刻
√ がんこ高瀬川二条苑 http://www.gankofood.co.jp/group/oyashiki/nijyoen/
√ 参加費:7,000円(予定)

(2) 研究論文発表の申込
以下の必要事項を記入してE-mailで申込みください.(Faxまたは郵便にても可)

(ァ)申込み
√ 著者・氏名・所属(和文・英文とも)
√ 発表者・氏名・所属(和文・英文とも)
√ 連絡先(住所,Tel,Fax,E-mailアドレス,和文のみで可)
√ 発表題目及び要旨(200語程度,英文)

(ィ)申込先
√ 〒162-0845 新宿区市ヶ谷本村町2-9
財団法人 計量計画研究所内 応用地域学会
clerk#arsc.org(#を@に変えてご送信下さい), Fax:03-3268-9919

(ゥ)申込み締切:2009年7月31日(金)

(3) セミナー参加のみの申込み

論文を発表せずにご参加のみの方は,ご氏名,ご所属,連絡先(住所,Tel,Fax,E-mailアドレス)をE-mailまたはFaxにて2009年8月31日(月)までに上記申込先へご送付ください.

(4) 重要な日程

2009年7月31日 発表タイトル及びアブストラクト締切
2009年8月31日 full paper締切


 

 

 

 

最終更新日 2013年2月24日(日曜)10:03

小林研Facebookページ 最新のニュースを発信します

Search Lab

Login Form

Syndicate

トップに戻る