ニュース

原田大輔のページ

名前

原田 大輔(harada daisuke)


経歴

2004年 3月 清風南海高校 卒業

2005年 4月 京都大学工学部地球工学科 入学

2009年 3月 京都大学工学部地球工学科 卒業

2009年 4月 京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 入学
––現在––

京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 修士1回生


趣味

バスケ 絵画鑑賞 歌うこと


卒業研究

"
複数リスク化における企業のリスクヘッジ戦略に関する研究"

近年のグローバル化に伴い事象の複雑化、多様化が進み、企業の付加実性が増大した現在、リスクマネジメントは企業経営に大きな影響を与える。従来の研究では保険契約にのみ焦点を当てたリスクマネジメントが提案されていたが、現在の企業行動は保険契約と流動性資産保有を組み合わせた戦略が一般的となっている。そこで本研究では従来の保険加入可能リスクに加え、保険加入不可能なリスクを導入し、なぜ企業が上記保険保有動機を持つのかといった問題に対して数学的モデルを用いて分析する。 (pdf) (ppt)



修士研究

"越境ヘイズ災害のための危険予測モデルの開発(マレーシアを対象に)
"

マレーシア近隣のスマトラ島では焼畑農業による森林火災が頻繁に行われ、汚染物質を含んだ煙害ヘイズが大気中に放出されている。このため周辺諸国ではヘイズによる視界不良や体調悪化などにより学校や空港の閉鎖といった日常サービスが阻害され、特にマレーシアはヘイズによる被害が深刻な状況にある。マレーシア政府は住民への危険勧告情報として1)ヘイズ危険注意報 2)ヘイズ到着時刻 3)ヘイズ終息時刻の提供が求められている。
本研究ではこれらのヘイズ危険勧告情報を提供するモデル構築を最終的な目的とする。具体的な方針として1)過去大気汚染濃度データから将来時刻の大気濃度を推計できるモデル構築 2)ヘイズ発生源であるスマトラ島の森林火災鎮火時刻を推計するモデル開発を試みる。
そして現地マレーシアでの観測値を用いて森林火災鎮火時刻を特定した後に、その結果を用いてヘイズ到着時刻と終息時刻を予測する。


 
研究活動

2009年  8月       京都大学土木会 学生会員研修助成基金より助成を受ける。
2009年 10月~12月  Malaysiaへ渡航。Spatialworks Sdn. Bhd.にてMr.Nazariと共同研究を行う。

海外活動の記録

・マレーシア

期間
2009年10月19日~12月18日   マレーシアのナザリ氏(Spatialworks Sdn. Bhd.)と共同研究を行うために渡航

渡航目的
1.モデル検証に使用する現地観測データの収集
2.研究進捗状況の報告とモデル改良に向けた議論 (pdf
3.ヘイズ災害のモニタリング

写真


 (1)ヘイズモニタリング調査
picture1.jpg    picture2.jpg 
 クアラルンプールにて、正常時の景色です。    ヘイズ発生時のクアラルンプールです。
 近代的な建物が並び、マレーシアの経済発展を象徴しています。    御覧の通り何も見えません。
     このヘイズ到着時刻と終息時刻の特定が研究課題です。
     
(2)Shar Alamにて    
picture3.JPG    picture4.JPG 
 モスクと言われる建物で、イスラム教の聖地となっています。    モスク周辺の美術館です。
 幸運にも中に入ることができ祈りを捧げてきました。    マレーシアは各州に王が存在し、その王について書かれているようです。
 単位が取れますように。    
     
 (3)Malaccaにて    
picture3.JPG    picture4.JPG 
 オランダ広場の中心ムラカ・キリスト教会です。    蛇です。
 またまたお祈りしてきました。景気が良くなりますように。    白蛇は金運を運ぶと言われていますが、一向にお金は貯まりません。
     
     
 (4)Bossの実家にて    
picture3.JPG    picture4.JPG 
 ゴムの樹液を回収している様子です。    マレーシアでのBoss,Mr.Nazariと一家です。

 マレーシアではプランテーション農業が盛んで、僕も参加させていただきました。

   オフィスでは厳格なBossも、家に帰ると優しい父親に変身しちゃいます。
 と言っても、ノコギリで切れ目を入れただけですが・・・楽しかったです。    とてもお世話になりました。ありがとうございます。
     
 (5)アパートにて    
picture3.JPG    picture4.JPG 
 僕のアパートです。汚いのはお許しください。    中華系の料理です。
 窓が完全に閉まらず、毎晩が蚊との戦いでした。    日本よりも味が濃く、辛いものが多かったです。
 慣れるまでは寝不足で目に隈が。    度々舌がしびれました。
     
 (6)オフィスにて    
picture3.JPG    picture4.JPG 
 オフィスの仲間です。    果物の王様です。
 なぜかオフィスではアニメが流行っており、昼食時の話は常に日本のアニメでした。    お味のほうは・・・二度目はご勘弁を。
 ドラゴンボールが特に人気で、僕はヤムチャに似ているそうです    
     
 (7)Cheratingにて    
picture3.JPG    picture4.JPG 
picture3.JPG    picture4.JPG 
 研究室の先輩Sharinaのお誘いから休日を利用して一時のバカンスへ.    写真下は食事の様子です。
 写真上は海での様子です。    フルーツにディナーに最高!意外にもカエルがおいしかったです。
 カヌーにサイクリングとマレーシアを満喫してきました。    
     



 

最終更新日 2013年2月22日(金曜)13:52

小林研Facebookページ 最新のニュースを発信します

Search Lab

Login Form

Syndicate

トップに戻る